HOME>イチオシ情報>格式の高い神社では初穂料が高額になる傾向がある

結婚式場と提携している神社

新郎新婦

神前式は和式の挙式スタイルということもあり、やはり根強い人気があります。一時チャペル挙式に押されていましたが、また人気を盛り返しています。最近では、需要の高まりに合わせて結婚式場と提携を結ぶ神社も増えてきて、サービスの充実化が図られるようになりました。神社と結婚式場が提携を結べば、神前式から披露宴までを円滑に行うことができます。神社と結婚式場の距離があるときには、式場側が神社にマイクロバスを手配し、結婚式の参列者を披露宴会場へと運ぶサービスが充実しています。式場探しも神社と提携を結んでいるところを探せば間違いがなく、便利なサービスを利用して円滑に式を執り行えます。

費用はどれくらいかかるの

新郎新婦

気になる神前式の費用ですが、相場としては30万円から35万円が相場となっています。これは、神社の利用料になります。衣装代は別に掛かると考えておいたほうが賢明です。神社の利用料に加えて、初穂料がかかってきます。これは玉串料ともいわれる費用で、神社に奉納するための費用になります。これは神社によって費用にばらつきがあるので、あくまでも参考程度に考えておいたほうが良いかもしれません。神前式には、総額50万円前後がかかってきます。

格式の高い神社の相場

花嫁

格式の高い神社で神前式をする場合、費用は高額になる傾向が強いです。東京や京都などの有名な神社は人気が高く、予約が取りにくい所も多いです。また、神社の格を維持することを目的として、あえて高額な挙式費用を取る神社も少なくありません。大手の神社や有名所の神社では、一般的な和婚の相場よりも多くの費用がかかる事を想定しておくことが必要です。場合によっては、100万円以上の挙式費用がかかることもあると言われています。

広告募集中