式次第の大まかな流れ

新郎新婦

神前式には式次第という流れがあります。神前式という言葉は知っていても、式次第の流れまでは詳しく知らないという方に大まかに流れを解説することにします。まず、参進の儀に従い、新郎新婦並びにその親族が神殿へと入場します。その後、斎主が挨拶をして式がスタートします。挙式を始める前に、修祓と言われる体を清める儀式が行われ、神様への挨拶を済ませた後に、献饌という神様にお供え物をする儀式が行われます。儀式は形式的なものであり、一つ一つ流れを覚える必要はなく、斎主や神社の巫女などが進行役を努めていくのです。祝詞奏上が行われた後に、神前式のハイライトともいわれる三三九度誓盃の儀が行われるのが、一連の式次第の流れです。

挙式のハイライトとは

神前式

神前式のハイライトといわれるのが、三三九度誓盃の儀と指輪交換の儀です。そもそも神前式というのは明治時代に天皇の娘である皇女が明治神宮で執り行ったのを起源としているため、実はそれほど歴史が深いものではないのです。それでも、三三九度誓盃の儀は新郎新婦が夫婦となる重要な儀式に当たります。大きさの異なるお神酒をそれぞれ三回に分け、九度口にすることで神前式のハイライトとしています。その後に指輪の交換が行われます。

やはり古式ゆかしい和式が人気

神前式

お手軽なチャペルでの挙式の需要は高いとは言え、やはり古式ゆかしい和式の神前式の人気は根強いです。神前式にて挙式をした新郎新婦の殆どが、神前式を選んだことに対して満足をしているとの調査結果が出ているほど、満足度が高い挙式スタイルであると言えます。時代は変わっても結婚の儀というのは家族と家族の結びつきにほかなりません。それを強く実感することができるのが神前式であり、日本人として儀式を大切にする気持ちが強まるとも言われています。

一生に一度の白無垢が着られること

神前式

結婚式は新郎のためではなく、新婦のために執り行われるという考え方が強いです。そのため、主役となるのは新婦であり、結婚式は新婦の希望が強く反映されたものとなりやすいのです。神前式が人気の理由は、やはり白無垢を着用することができるという点にあります。白無垢は一生に一度しか着用することができないので、ぜひとも神前式で白無垢を着たいという新婦が多いのです。チャペルでの挙式に比べると、神前式は費用が高めになります。神社の利用料、儀式の費用に加えて白無垢の衣装代がかかることから、洋式よりもお金がかかります。それでも神前式はいつの時代にも根強い人気があります。

広告募集中